岩手ファーム|岩手発こだわりのたまごづくり

たまごのこと・アレ・コレ

おいしい「たまご」をもっとおいしく!もっと楽しく!!

卵の賞味期限で知っておきたいこと

たまごの賞味期限表示は1999年からスタートしています。賞味期限は「生で食べられる期間」です。賞味期限を過ぎても加熱すれば食べられます。

 

なぜ、1999年から賞味期限をつけるようになったかというと、1990年頃から卵や肉が原因食品と考えられるサルモネラ属菌による食中毒事件数が増加し問題視されるようになったからです。

そこで、サルモネラ属菌による汚染率を低減させるため、生産者・流通の関係者を中心に、飼育環境、製造工程、輸送・保管の仕方を見直す取組を進めました。そして1999年から賞味期限表示が義務付けられました。

2000年以降はサルモネラ属菌による食中毒事件数は減少に転じています。

 

賞味期限の設定は、万が一サルモネラ菌が卵内に存在していた場合、増殖させないために

保管温度によって決めています。

下は、生食できる期間の一般例です。(サルモネラは10度以下の環境で増殖できない)

 

10度 57日     20度 30日     30度 13日  (けんぞう先生の卵事例ハンドブックより)

 

夏と冬では外気温の違いから賞味期限を変えることができますが、家庭用として流通しているパック卵は1年を通して2週間程度の賞味期限の商品が多いです。

 

当社は取引先様との流通や保管の状況によって、個別に設定しています。

皆様に美味しく召し上がっていただくために、購入した場合は10度以下で保管をお願いします。また、賞味期限以内でも、ヒビが入っているものは、加熱調理して召し上がってください。